核兵器と幽霊

想像するんだけど、幽霊が出没する古城のような場所があって

そこに立ち入ると 青い火が尖塔のかげに見える事があったり
夜中に食器が割れる音がしたり
革命の日に首をはねられた
王様のいまわのきわの叫び声が聞こえたり
ものすごく怖い思いをする事になる
だけど、なんとなく想像するんだけど
もしもそういう場所に核ミサイルか何かが
突然落ちてきたとしたら

いくら幽霊がとりつこうが
吸血鬼が嚙みつこうが
魔女が念力で弾道を海の方へ逸らそうと頑張ろうが
そんなことはまったくおかまいなしに
何もかもが一瞬で 消し飛んでしまう
そういう感じが なんだかする

だから、幽霊とかそういうものって
本当にいないようなものなんだなと思う
本当にいたら怖いけど…
核ミサイルと幽霊とどっちをとるかと言われたら
迷わず幽霊の方をとりたい

 

広告を非表示にする