アンのゆりかごを読んで

今はアンの青春を読んでいる最中なのですが、 

 

先日までは

アンのゆりかご 村岡花子の生涯 

 

を読んでいました 

お孫さんの村岡恵理氏が描いた評伝で、素晴らしい、本当に素晴らしい本だった 

我々が遠い昔のように感じる戦前の時代

(第二次世界大戦ではなく、第一次世界大戦である)明治26年 1893年から話は始まる 

 

自分はこの時代は遠い昔で 

教科書で見るだけの、白黒の世界のように感じていたんですが、 

この本を読むに事によって まるで自分がその時代を生きてきたような、

不思議な感覚に陥りました 

 

 

やはり、評伝は 

愛情を持って書くのが一番素晴らしいのだろうと思います 

村岡恵理氏は村岡花子氏の実のお孫さんですから 

 

やはり自分のルーツを探るような気持ちなのでしょうか

真摯に、村岡花子氏の足跡を辿っているし、丁寧に花子氏の気持ちに寄り添っているのが伝わってきて素晴らしかったです

 

この時代を知る非常に貴重な資料でもあるのですが、

資料としての中立な立場を守りながらも

同時に

花子が現実の人物のように生きて躍動する

はつらつとした物語のようでもあった

 

なんというか、司馬遷が記述した史記の如く

史上の人物の霊が書き手に乗り移って記述しているかのような

「想像的視覚を持った者でなければとうてい不能な記述」(中島 敦)

という感じでした

 

 

「高度経済成長期に生まれた私が 当然のように享受してきた 環境、制度、権利、あるいは、手を伸ばせば届くところにあったたくさんの良書が、母から祖母の世代に遡り、さらにもうひとつ遡った世代からの 

切実な祈りと 不屈の努力によって得られたものだと知りました」と恵理氏はあとがきで述べているが 

 

この文章こそ

この本を読んで感じる一番深い感動をズバリ言い表わしている!と思いました

この文章にはうなりました 

不屈の努力…かっこいい 

2度の世界大戦をくぐり抜けた命が運んだという感じがする

ロックンロールが生まれる前と言ってもいい 

ただ、これほどロックンロール!という感じがすることがほかにあろうか

素晴らしい、最高!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眠りながらも梢のもみの木が

アンの青春という

赤毛のアンの続編を読んでいます 

 

アニメの赤毛のアンで 

アンが馬鹿な失敗をしなくなるのが寂しかった自分には 

 

アンがまた、 たいへんな失敗をして

隣人ともめてドタバタしたり、仲直りしたりしているのが、嬉しく、ほっとする気持ちになった 

アンは賢くなったけど、やっぱりそういう失敗をするところをなくしてないのが、なんか嬉しいというか 

その時は死にたくなるほど恥ずかしい失敗、とかも 

時間がたつと、笑えたりするし

(自分も小学5年か、6年の時に 朝礼で友達とふざけて笑いすぎて 勢いあまり放屁をした事がある その日は真剣に 転校しなければと思った)

 

げんに赤毛のアンは、アンが色んなドタバタを起こしてくれるから、見てる方がゲラゲラと笑えもする楽しい作品になっているんだし

 

 

成長したり、良くなることが

寂しいと思う時もある

 

でも、本当にアンは立派だと思う

それは本当に本当

 

あと、いつも思うけど 

サリンジャーモンゴメリが結婚したら良かったのにと、無駄なことをいつも思う 

 

関係ないけど…

あと、いつも、 

いや、やっぱりそんなのよくないか とか、いや、意外と合わないかとか

第一、本人たちの気持ちがよ!とか思う

それにお互いの生きていた時代や、土地のことを念頭にいれていない考えだし

 

これは本当に雑談で、びっくりしたんだけど、サリンジャーの好きだった人は、チャップリンと結婚したんだけど 

だからそんな事をふと思うのかもしれない

 

二人とも好きなアーティストだから、それを知った時は本当にびっくりしたし、同じ時代の感じがしないから、違和感があった 

なんだか、本を書いている人の方が古い時代を生きていたように見える

 

サリンジャーが、その事について少し触れている短編があるんだけど 

それを読んだから、ふとそんな事を思うんだと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

布石

前回の日記の投稿は布石でして 

ここでようやく本音が言えるというか 

 

要するに 

思っている事、感じていることを 

言うのが遅くて…

 

 

今回のツアーの対バンシリーズ 

個人的にはフラッドがhere is my freedomに呼んでくれた 小倉 大分のライブも

自分の中では 一つの同じツアーの中のような意識をもってのぞみました

 

 

自分がツアーを始める前に佐々木くんの 

姿を見れて本当に良かったと思う

 

やはり彼の考え方や、仕事量に 

自分の至らなさ、努力の足りなさを感じた 

劣等感とかのレベルの話ではなく

愚痴や疲れとかそういったものを口にする資格が自分には無い程、

彼は音楽を愛してるし、音楽に対して距離が近い人であった 

音楽に対して距離が近いのは、それほどずっと努力をしてきたからだと思う

 

 

New Tribeが良い曲だと思ってたけど

小倉、大分から帰ってきて 

まだ声が枯れてて まだ仕事してるんだけど

まあ、身体は疲れてて 働いてたんだけど 

 

仕事しながら、聴いてたら

また違った風に聴こえました

自分の「今」の状況とリンクして むちゃくちゃ泣きました 

良い曲で

なんてゆうかな 

 

俺も、身体の限界を感じたり 皆に聴かせられるコンディションでいたいって思って 不安になる時もあるけど、

 

そういう限界みたいなの超えてきた人の歌だなあ、と

 

良いライブしたいって思って

働いてる時、こんな事してる場合じゃない!って思って、くそ野郎みたいな自分になっちゃう時が俺にはあって

 

だけど、一回そんな自分になった事があったとしても

明日から素晴らしい人間になろうとしちゃ

なんでダメなんだ?ってこの歌を聴きながら思えたんですよね

 

その時ちょうど、コンクリートの上にいて、 

喉の細胞が再生しようとしている時だったので 

素晴らしい人間になろうとすんの諦めたくないと思った

普通の人間が限界を超えようとするのが、良い、と思った

 

本当に良い歌だと思った 

そういった事がありました

 

 

 

 

 

自分に緊張感を与えてくれる友人は大事 

緊張感というか 恐怖 

明日あの人と比べられるという恐怖と緊張感 

自分はそういう人がいなければ やってこれなかったと思う 

終われば 試合はノーサイドという感じで話をしたりして 

そういうのが友達だと思う 

そういう友達とはもともと頻繁に会う訳じゃない

 一度も会った事もない、もう死んだ人を勝手に友達だと思い込んでいる事もあるくらいなので

別に頻繁に会えなくてもいい

 


だけどこれだけ天気が良いと 

なんか普通に遊びたいよな~とも思う

生きてれば また会えたり また動き出したり 

もとに戻ったりすることもあるので そういう事も、やっぱりちょっと期待している

今日本当に雲ひとつなく天気良い

新しくCDが発売されて

ほっとした気持ちと、ずっと自分が聞いてきた大事な音源をみんなと共有できる気持ちで嬉しい 

 

ただ、CDが発売されて、

思っている事も話し尽くして、

一旦区切りがつくと、なんというか、本当にどうしたらいいかわからなくなるというか 

燃え尽きるというか 

すごく幸せな感じではあるんですが、

精も魂も尽き果ててしまう、というような時がある

 

そして、もう曲なんかこれから一曲も書けないんじゃないか、詩の一行も書けないんじゃないかという、不安な気持ちになる事がある 

 

 

今回は三曲だったのでその反動は少なかったし、もう曲も凄く良いのが書けてるので!

ほっとしていますが、やっぱりまだ、少なからずそういうアクションとリアクションみたいなものはあるみたいです

 

 

いつも終わると、

今まで良く書いてきたと思う 

 

それは誰が見ても良い作品を書いてきたという 

絶対的な自信があるわけではなく 

悩みながら、自分が良いと思うものを表現するために、感性を最大限働かせてきた

 

という矜持で言うのですが、

今まで、自分は良く書いてきたと思う

だからこそ、それをまたすべて捨てて 

いちから始めようとする時、ほんの少し挫けそうになるわけです

 

自分には、これから作品をまた作る前に

今までのすべてを捨てる作業、終わりを悲しむ作業というのが必要なんだと思う

 

 

 

こんなにダラダラえらそうに書いてきましたが 

要約すると

 

疲れた〜!

ということです…笑!

ちょっとだけ!

 

 

 

 

追記で皆さんに報告なんですが、 

みんながラムちゃんの写真、喜んでくれているので言いづらかったのですが、 

ツアーや、色んな庶務で、家をあけることが多く、きちんと世話をする事に不安があり、ラムちゃんを今、母親に預かってもらっている状況で、大変飼い主として無責任な事だと思っている

やはり離れるとラムちゃんも凄く悲しいようであまり懐いてくれなくなった

本当に情けないが、とにかく仕事を精一杯やろうと思う

 

 

誰もが羨む生活

ワンマンの時に

お手紙や、イラストを頂きました 

本当に完成度が高くて、

嬉しいを通り越して すごいだろ!と

これ、すごいだろ!と 自慢したい気分です

 

すごく、誇りに思う気持ちです

 

 

どれだけお金持ちな人も、お金を積んで無理やりああいったものを貰うことは出来ないし、

どれだけ頭の良い人でも、

どれだけのハンサムボーイでも、同じように、ああいったものを貰える喜びを味わう事はなかなか少ないと思います 

 

これは、何も だから、俺ってすごいでしょ 

って言いたいわけではなくて

それほどまでに自分は幸運であり、幸福であると思っているわけです

それほどすごいものを貰ったと思うわけです 

 

 

自分の大好きな映画で 

天使のくれた時間 という映画がありますが、その中で 

(細かい所は大分端折ります。

エリート金持ちの独身の主人公が、昔、別れた恋人と結婚していたら…人生はどうなっていたのか…というストーリー)

主人公が、

やり直した第2の人生でも、金持ちになるきっかけをつかむ、奥さんはその為に子供たちとの生活が犠牲となる事をおそれて反対する

主人公は、「誰もが羨む生活が手に入るのに、なんで反対するんだ!」といって説得しますが、

奥さんは「誰もが羨む生活してるじゃねーか!ばかやろー!」と反論します

 

子供もいて、家族仲良く、ちょい貧乏だけど幸せじゃねーか!と反論する場面があるのです

 

この場面は本当に自分にも身につまされる思いがして、大変感動したのを覚えています

 

 

 

 

 

 

現在の自分の生活を鑑みた時、

裕福な生活をしているとは言えず、

手にしているものはほんの僅かだと言ってもいい

だけどああいった物を貰うという事、

それは自分にとっては 「誰もが羨む生活」と思えるんですよね 

 

まあ、長くなりましたが、それだけ嬉しかった、嬉しいということだけなんです!