本当にくだらない

みんなが好きになるような

面白いものが流行る時 

本当はやってみたかったり、試したりしてみたいと思っても

参加せずに、見ている事が多い

 

 

へそまがりな根性のせいもあるとは思うけど 

 

 

ただ単純に、水面に波紋が広がるように

現象が、少しずつ社会に浸透していくさま

を見ている方が面白いから、というのもある 

 

 

 

あと、その広がる波紋の上

熱狂する波の先端にのってしまうと 

客観的な視点を持てないから

というのもあるし、 

 

 

社会を駆け巡る情報のスピードは早く

次々と来る情報を処理しきれない 

あるいは情報を処理するために 

ある程度の時間が必要だから

というのもある 

 

 

要するに、耳元でパチンと手を叩かれたステゴサウルスのように 

その瞬間は、モソモソとまだ草を食べていて音が聞こえない

のろまで、反応が遅いというのが本当のところだと思う

 

 

前置きが長くなりましたが

要するに

PPAPとか、そういったものに対して好意的な気持ちを持っているという事です

 

 

 

ペンパイナッポーアッポーペン

とてもいい!

 

自分に緊張感を与えてくれる友人は大事 

緊張感というか 恐怖 

明日あの人と比べられるという恐怖と緊張感 

自分はそういう人がいなければ やってこれなかったと思う 

終われば 試合はノーサイドという感じで話をしたりして 

そういうのが友達だと思う 

そういう友達とはもともと頻繁に会う訳じゃない

 一度も会った事もない、もう死んだ人を勝手に友達だと思い込んでいる事もあるくらいなので

別に頻繁に会えなくてもいい

 


だけどこれだけ天気が良いと 

なんか普通に遊びたいよな~とも思う

生きてれば また会えたり また動き出したり 

もとに戻ったりすることもあるので そういう事も、やっぱりちょっと期待している

今日本当に雲ひとつなく天気良い

新しくCDが発売されて

ほっとした気持ちと、ずっと自分が聞いてきた大事な音源をみんなと共有できる気持ちで嬉しい 

 

ただ、CDが発売されて、

思っている事も話し尽くして、

一旦区切りがつくと、なんというか、本当にどうしたらいいかわからなくなるというか 

燃え尽きるというか 

すごく幸せな感じではあるんですが、

精も魂も尽き果ててしまう、というような時がある

 

そして、もう曲なんかこれから一曲も書けないんじゃないか、詩の一行も書けないんじゃないかという、不安な気持ちになる事がある 

 

 

今回は三曲だったのでその反動は少なかったし、もう曲も凄く良いのが書けてるので!

ほっとしていますが、やっぱりまだ、少なからずそういうアクションとリアクションみたいなものはあるみたいです

 

 

いつも終わると、

今まで良く書いてきたと思う 

 

それは誰が見ても良い作品を書いてきたという 

絶対的な自信があるわけではなく 

悩みながら、自分が良いと思うものを表現するために、感性を最大限働かせてきた

 

という矜持で言うのですが、

今まで、自分は良く書いてきたと思う

だからこそ、それをまたすべて捨てて 

いちから始めようとする時、ほんの少し挫けそうになるわけです

 

自分には、これから作品をまた作る前に

今までのすべてを捨てる作業、終わりを悲しむ作業というのが必要なんだと思う

 

 

 

こんなにダラダラえらそうに書いてきましたが 

要約すると

 

疲れた〜!

ということです…笑!

ちょっとだけ!

 

 

 

 

追記で皆さんに報告なんですが、 

みんながラムちゃんの写真、喜んでくれているので言いづらかったのですが、 

ツアーや、色んな庶務で、家をあけることが多く、きちんと世話をする事に不安があり、ラムちゃんを今、母親に預かってもらっている状況で、大変飼い主として無責任な事だと思っている

やはり離れるとラムちゃんも凄く悲しいようであまり懐いてくれなくなった

本当に情けないが、とにかく仕事を精一杯やろうと思う

 

 

ダス犬

ダス犬ていいな 初めてCMみた 

超癒される 猫派にも破壊力が高い!

 

広告を非表示にする

誰もが羨む生活

ワンマンの時に

お手紙や、イラストを頂きました 

本当に完成度が高くて、

嬉しいを通り越して すごいだろ!と

これ、すごいだろ!と 自慢したい気分です

 

すごく、誇りに思う気持ちです

 

 

どれだけお金持ちな人も、お金を積んで無理やりああいったものを貰うことは出来ないし、

どれだけ頭の良い人でも、

どれだけのハンサムボーイでも、同じように、ああいったものを貰える喜びを味わう事はなかなか少ないと思います 

 

これは、何も だから、俺ってすごいでしょ 

って言いたいわけではなくて

それほどまでに自分は幸運であり、幸福であると思っているわけです

それほどすごいものを貰ったと思うわけです 

 

 

自分の大好きな映画で 

天使のくれた時間 という映画がありますが、その中で 

(細かい所は大分端折ります。

エリート金持ちの独身の主人公が、昔、別れた恋人と結婚していたら…人生はどうなっていたのか…というストーリー)

主人公が、

やり直した第2の人生でも、金持ちになるきっかけをつかむ、奥さんはその為に子供たちとの生活が犠牲となる事をおそれて反対する

主人公は、「誰もが羨む生活が手に入るのに、なんで反対するんだ!」といって説得しますが、

奥さんは「誰もが羨む生活してるじゃねーか!ばかやろー!」と反論します

 

子供もいて、家族仲良く、ちょい貧乏だけど幸せじゃねーか!と反論する場面があるのです

 

この場面は本当に自分にも身につまされる思いがして、大変感動したのを覚えています

 

 

 

 

 

 

現在の自分の生活を鑑みた時、

裕福な生活をしているとは言えず、

手にしているものはほんの僅かだと言ってもいい

だけどああいった物を貰うという事、

それは自分にとっては 「誰もが羨む生活」と思えるんですよね 

 

まあ、長くなりましたが、それだけ嬉しかった、嬉しいということだけなんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暖かいのう

最近 暖かいですね 

過ごしやすくて 嬉しい 

 

近頃、とても忙しいです

しかし、バタバタという感じではなく

この必要とされている感じを楽しんでいる

精神的にはとても良い忙しさです

 

ただ、物理的に身体が疲れると、精神も疲れてくる 

当たり前の事ですが、身体のメンテナンスがいかに大事か痛感しています

少しずつ良いリズムになってきているのを実感しているので

焦らずプラスにもっていこうと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お互いに不満のない展開

いやあ 最近忙しくしてます

 

だけども、本当本当良い事なんで 

日記の更新も頑張ります

 

 

 

本当どうでもいい事なんだけど、 

将棋の解説でしか聞いたことがない

「お互いに不満のない展開」

って言葉が大好きです 

実生活で使う事は一生ないだろうけど、 

一度でいいから言ってみたい

なんでそう思うのかはわかんないけど、綺麗だな〜と思う

 

 

ライブハウスの一番後ろで

「おまえら俺のいないところで

ナンバーワン争いをするなよな」 と同じくらい言ってみたい